Messiah

嘉禄(かろく)

The snow which is stained with blood



-ここは酷く 寒い


『雛森くん、君に頼みたいことがあります
極秘任務です、百瀬くんやメサイアには知られないよう気をつけてください』


あの男には、この未来が見えていただろうか

誰にも何も言わず、突然いなくなる…チャーチでは失踪だと思われているだろう。
誰も知らない任務とは、加々美を思い出す。
あいつはナイトメアの指示に従い、照る日の杜の一件を収束させた。
メサイアである有賀涼を救う、その一心で。

だが俺はどうだろう?
真逆だ、メサイアを傷つけてチャーチを飛び出した。
その結果がこれだとしたら、笑いものにすらならない。


「…また眠るのか、俺は…」


僅かに残った思考回路で呟く。
俺はもうすぐ終わる。


-せめて、魂だけは帰りたい
    半身の元へ


「Messiah」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く