Messiah

嘉禄(かろく)

Illusion of the Siren



-もう一度貴方に会うことが出来たら 俺は何を伝えるだろう


俺は一人空を見上げて思う
この目に映る空は、何故かいつも紅い。
蘇生されて目が覚めた時から、感じていた違和感。
それは手に入れた力のせいだと思っていた。
でもそれは違ったみたいだ。
人には無い力の代償か何かは知らない。
でも俺はずっと青空を見ていない、いつも血に染まった夕焼け空のようだ。


「…代償が、それだけなら良かったんだけどな。
でも、死んだらあんたに会える」


いつかこの目が光を失う日まで、俺は救世主メサイアを焼き付けたいと思う-

「Messiah」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く