Messiah

嘉禄(かろく)

True war



『本当の戦争が、始まる
覚悟して』


あの言葉を言われた日
ワールドリフォーミングが事実上撤廃された日を、忘れたことはない
でも、その意味を俺は…俺達は知らなかった。
こうして、目にするまで。

一時期小康状態を保っていた国々は、陰で蓄えてきた兵器を使用し戦争を始めた。
仮初の平穏など幻だったと言うかのように。

俺達はその中で尚、諜報戦争を続けている。
チャーチが解体されても、各地に散らばって。

そして、俺達はサクラになる。
今は無きチャーチを、卒業して-


「Messiah」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く