Messiah

嘉禄(かろく)

Blood wet impulse



「…暇だな」


僕は、僕に与えられた部屋で一人呟いた。
任務はよく与えられるものの、休めと言われて部屋にいるしかない時間が退屈でしかない。
こんな風に持て余すくらいなら、雑魚でもいいから殺させて欲しい。
殺していい任務を与えて欲しい。
他組織にいたり、一人で行動していた時の方がこんな風に焦れることは無かった。
サクラは殺してはいけないと、あの人にキツく言われている。
実際に加々美いつきを殺しかけた時は酷く怒られた。
『弱いのがいけないんだ』という考えは、チャーチでは誤りらしい。
だから、目をつけている者はいても手を出すことが許されていない。


「…ああ、殺したい。
殺せそうな命は沢山あるのに…」


僕のこの衝動は、時に僕自身ですら持て余す。
どうすれば満たされるのか、どうすればこの渇きは癒されるのか。
時折酷く苦しくなる。
僕の生きる意味が、奪われようとしている。


「…ここは人を殺せる打って付けの場所だと思ったんだけど…どうやら間違いだったみたい」


そう呟いた僕は、ふと思いついて愛用のナイフを取り出した。
そしてそのまま喉に突きつける。
鋭い切れ味を持つそれは、ちょっと触れただけで僕の皮膚を裂いた。
少しずつ流れる血を吸うかのように。


「苦しいし、死んじゃえ。
そしたら解放されるよね」


僕は名案だ、というように微笑むと一気に突き刺した。

息が苦しい、血の味がする。
それでも、その先に解放があるのなら-


『躊躇うことは無い』



「Messiah」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く