Messiah

嘉禄(かろく)

滴る血は藤のように



「…いやぁ、殺し甲斐がない」


そう呟いて青年は血の海に濡れることも厭わず腰を下ろし、積み上がる死体を見つめる。


「これだけ集めても、骨のあるやつはいなかった…ここも駄目か、また新しいとこ探さなくちゃ」


殺しをした後とは思えないほどの軽い、淡白な口調。
淡白、つまりそこに込められる感情は無い。
彼の中にあるのは、どれだけ殺しを楽しめるかだけ。

返り血を浴び、その両手にある刃物諸共赤く染まった彼はしかし美しかった。
まるで血を啜って生き永らえる吸血鬼ヴァンパイアのように。

すると、彼の背後の暗闇から鴉が現れた。


「手にかけた者の滴る血が藤のようであることから、通り名がRed wisteria血の藤とは風流ね」
「そうだろう?今日の僕はついている、かの人間シュレッダーと相見えるとは」


彼は純粋な笑みを浮かべて立ち上がり、鴉と向かい合う。
その目には、殺せる相手を見つけた喜びが溢れていた。


「ねえ、僕と殺しあってくれよ」
「残念ながら、私は君を殺しに来たわけじゃないのよ。
でも、私についてくればいくらでも殺せる相手を提供出来るわよ」
「本当かい?じゃあついて行こう、行先は?」
「警視庁警備局五係」
「チャーチか、僕には打って付けの場所だ!」


二人がいる空間に月明かりが射し込み、彼の榛色はしばみいろの目が輝いた。
こうして、伊集院藤いじゅういんふじはチャーチの一員になったのである-

「Messiah」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く