Messiah

嘉禄(かろく)

To death and everlasting parting…



『…海斗、俺は…ずっと海斗と一緒にいたい。死にたくない…ずっと俺のままでいたい』


この後に続くはずだった言葉を、俺は俺自身の言葉で押し潰してしまった。
その続くはずだった言葉とは-


『死ぬのが怖い』


サクラにはあるまじき想いだと思う。
いつ死ぬかわからないこの状況で、死を恐れるなんて。
考えたくはないけど、もし…海斗がまたいなくなってしまった時…俺は海斗の意思を継げる気がしない。
きっと追いかけてしまうだろう。
戦力を強化したあと、俺に降り掛かった恐怖。
見て見ぬふりをして殺しの技術を高めても、この恐怖は消えなかった。
いつか消えてしまうのであれば、自ら命を絶つ?
否、海斗を一人にしたくない。


「…どうすればいい、誰か…教えてよ、俺を…」


俺を助けて-



「Messiah」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く