Messiah

嘉禄(かろく)

Person in succession to a sound



今でも思い出す、彼と話した時間。
彼の強い想い。

あれは、彼が戻ってきた日だった。


『あんな奴のどこが良かったの?
結局裏切るのに入れ込むあんたもあんただけど』


俺は彼からよくあの男の話を聞いていた。
間宮が入れ込むのが気に入らなくて、でもその想いは真っ直ぐで何も言えなかった。
サクラになってしまうかもしれないと危惧してもいた。

でも、そうはならなかった。
あいつは間宮を受け入れなかった。
だから間宮は戻ってきた、このクアンタムキャットに。
…上の命令で、死ぬだけなのに。

俺の問いかけに、間宮は切なげに笑った。


『…確かに有賀は受け入れてくれなかったよ。
それでも、俺は…有賀涼の礎になるんだ』


その選択は、俺には馬鹿らしいとしか思えなかった。
それでも間宮の決意は固くて、有賀涼と戦って死んだ。
最期に間宮が奏でた音色は、今でも耳を離れない。

G線上のアリア。

あの音色を絶ったあいつを、俺は許さない-


「…俺が有賀涼のセイレーンになるよ、間宮」



「Messiah」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く