Messiah

嘉禄(かろく)

Let There Be Light



-照らせ絆よ 明日を導け 深い闇を裂く光となれ


私…いや、俺は珍しくメサイアと離れた異国の空の下の任務についていた。
一人で見る世界は、腐っていた。
痛みや苦しみを訴える声がそこら中で響いている。
今なら一嶋の言っていたことが分かる。


「…この世界は狂っている。
ワールドリフォーミングが締結される前と何ら変わらない…戦うことでしか力を示せない世界。
それで嗤うのは国の上層部だけで、弱い国民は虐げられる…」


俺はメサイアに問いかけた事がある。
この世界は、良い方向に進むだろうかと。
それに対して、俺のメサイアの返答はこうだった。


『…正義は各々違う…ボスホートだろうと、敵国でも信念があればそれが正義。
でも、いつか…その信念は折れる時も来てしまう。
だから折られないように、俺たちは強く在る。
その先に、光がある…信じよう。
大丈夫だよ、伊織』

「…そうだな、衛」


国が嗤い、人々が泣く狂った世界でも。
弱い命が葬られるのが常なら、この命を以て非常を示してみせよう。
儚く消えそうな願いすら色鮮やかに映し出してみせよう。


「変えてみせる…命をかけて、この世界を」



「Messiah」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く