Messiah

嘉禄(かろく)

Determination to rise in the neighbor



『おめでとう、卒業です』


その言葉を受け取ってから、はや数ヶ月。
衛と離れる任務もあった。
それでも、私達は殆どの任務を共にこなした。

今まで様々なことがあった。

チャーチに来て、衛と出会った。
メサイアとして、サクラ候補生として努力をした。
チャーチで過ごす途中で、無力感に苛まれたり私の正体を知って激昂したこともあった。
北方に連れ去られて、もう一人の私に苦しめられたことも。

それでも、それを衛と乗り越えたからこそ今がある。


「…伊織、準備出来た?
そろそろ時間だよ」
「…はい、衛」


衛をしっかり見据えて頷きチャーチを出る。

これからも私は衛と共にいる。
死があるのか分からない私たちでも、散るまで共にあることをここに誓う-



「Messiah」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く