Messiah

嘉禄(かろく)

Finally shining 2



これは、加々美さんが今の任務に入る数日前のこと。
俺は一嶋さんから呼び出されて係長室にいた。


「…なんすか、用って」
「松原君、君の実力を見せてもらいます。少し協力していただけますか?」
「...協力?」
「えぇ、加々美くんとやり合っていただきます」
「......はぁ?加々美さんと?なんで」
「言ったでしょう、君の実力を見るためです」


それからあれよあれよという間に話が進み、百瀬さんも協力するという事と有賀さんも加担していることを知らされた。
知らないのは加々美さんのみ、俺キレられないかな…?
でも実力を示す機会、いっちょやるか。

それから俺は加々美さんを呼び出すまでの過程を考えた。
使う建物の選考から、その経緯。


「今ついてる任務と関連づけると…」
「こーすればいいんじゃない?」
「なるほど、流石万夜!」


いつの間にか部屋に戻ってきていた万夜に助言を受けたりしながら俺は作戦を立てた。

計画はこうだ。

①加々美さんを呼び出す
②呼び出し先で加々美さんを眠らせ、別棟に移動
③移動先で加々美さんが目覚めたあと探索させ、有賀さんの銃(事前に百瀬さんが回収)を発見。
その後加々美さんをスタンガンで眠らせ再び捕らえ拘束
④加々美さんと交戦

上手くいくといいけど…いや、絶対成功させる。


「…終わったら謝んねーとな…真面に会ったことない人なんだけど…すんません、加々美さん」



「Messiah」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く