Messiah

嘉禄(かろく)

Sometimes in selfishness



僕のメサイアは時に物凄くわがままだ。
さっきだって…


「尋、これやるよ」
「キノコ…雪、好き嫌いしないで食べないと…」
「いーじゃん、おすそ分けだって思ってさ」
「…仕方ないなぁ…」
「そー言って食べてくれるもんな、優しー」
「勘違いしないで、勿体ないからだよ」


と、嫌いな食べ物を僕の皿に乗せてきた。
ちなみにこれが初めてではなく、メニューに嫌いな食べ物があると必ずそうしてくる。
栄養バランスを考えて作られたチャーチの食事だから、全部食べた方がいいに決まってる。
でも、どうしても嫌なようだった。

ちなみに、藤瀬くんも前はそれで幸樹とよく言い合ってたし今は神代くんと松原くんが騒いでるから珍しいことでは無いみたい。
ただ、それで百瀬さんと黒咲さんが頭を悩ませているのもまた事実。

わがままな点は他にもある。

任務終わりやトレーニング終わりで部屋に戻ってくると雪は必ずシャワーを浴びてから着替える。
その脱いだ方の服を、床に放るのだ。
百瀬さんが回収に来るまで、僕が纏めなければずっとそのまま。
何度も言ってるのに直してくれない。


「雪、服ぐちゃぐちゃのまま放置しないで下さい!」
「いーじゃんどうせ洗うんだし」


そういうことじゃない。
断じてそういうことじゃない。
だけど強く言えない僕がいるのも確かで…。


「…雪になんだかんだ甘いなぁ、僕…」


そう自覚しては溜息をつかざるを得ないのだ…。



「Messiah」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く