Messiah

嘉禄(かろく)

I give it to you Ammobium



─君に この花を捧げよう
アンモビウム、花言葉は…

『不変の誓い、永遠の悲しみ』


奈落で倒れている彼を見つけたのは私だった。
任務前なのにいつになっても来なくて、不審に思った私が捜索に出た。

彼の部屋、礼拝堂、庭、食堂。
どこにも彼はいなかった。
どのサクラに聞いても知らないという返答しか返らなかった。
彼の今のメサイアは異国の空の下…きっとメサイアを心の頼りにして任務を遂行し帰還するはず。
そう思うと、行方不明なんて伝えたくなかった。

残るは奈落のみ。
…裏切った、彼の元メサイアが死んだと思っているであろう場所。

奈落に降りると、予想通り彼はいた。
但し、倒れた状態で。
右手には元メサイアが使っていたハンドガン。
一発の薬莢が落ちていた、そして頭を貫通させたのだろう…血が噴き出した痕があった。


「…藤瀬結月のメサイアは死んだ。
それでも、帰還するまでは…伏せておきましょうか」


私は彼の身体を抱き上げてその場を去った─



「Messiah」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く