Messiah

嘉禄(かろく)

HINA in the mirror



全ての傷がやっと完治し、まともに動けるようになって部屋に戻された頃。

俺は鏡の前に立っていた。


「…見るからに増えたな、傷痕。
流石に無茶したからな、見られないようにしねーと」


上の服を脱いで傷痕を確認すると、そこら中にあった。
白い割に目立つから、見られたら驚かせることになる。


「一、二、三…数え切れねーな」


この身体に残る傷は、どれも深くて時には命に関わるものばかり。
死線を潜り抜けてきた百戦錬磨、と言えば聞こえはいい。
けど、サクラとしては如何に負傷を防ぐかが大事だから誇れない。

溜息をついて服を着ようと手に取ると、運悪くドアが開いた。
勿論入ってきたのはメサイア。


「ただいま、疲れた…雪、それ…まさかだけど、今回の…?」
「…見せたくなかったんだけどな。
今回のだけじゃねーよ、過去のも残ってる。
そう簡単には消えねーよ」


目に入るのは、俺を死に至らしめる傷痕ばかりだろう。

さっと服を着ると、後ろから抱きしめられた。


「…悪い、思い出させたか」
「…うん…」
「大丈夫だ、俺は生きてる」
「うん…」


それから暫く、尋は俺から離れなかった。
…百瀬にもどやされて、二度と見せないように気をつけようと誓った。



「Messiah」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く