Messiah

嘉禄(かろく)

A wing of the death is a thing to lose



─あれほどこっちに来るのを防いであげたのに、あんな無茶するなんてどういう了見?

その問いかけで俺は目を覚ました。
灰色で、何も無い世界に一人座っていた。
けれどあたたかい、どうして…

─俺がそばに居るからに決まってるでしょ、馬鹿
「…律?」
─気づくの遅いよ、やっと起きた。それより、なんでいつもいつも死ぬようなことする訳?死にたいの?
「なわけないだろ、けど俺はサクラだ。覚悟しなきゃいけない時だってあるさ」
─それしか生き方知らないもんね、可哀想
「お前だってそうだったろうが」


ったく、ああ言えばこう言うところは全く変わってない。
けれど不快ではないのが俺達だ。
前は守れなかった後悔ばかり覚えていた、でも今はそうでもない。


─勝手に感傷に浸らないで、あんまり時間無いんだから


…ここ、考えてること全部筒抜けになんのかよ。
思わず突っ込んだところで、その二言目に疑問を覚えた。


「時間無いってどういうことだよ?」
─あのね、ここあの世とこの世の境目なの。
長く居すぎると向こうに引き込まれるからさっさと帰って
「…お前、もしかして今までも…」
─そーゆー勘のいいとこ嫌い。ほらさっさと身体に戻ってよ、君のメサイアの○○が待ってるでしょ


…俺のメサイア。
確かにいた、でも名前が聞き取れない。
確かにいたのに、思い出せない。


─めんどくさいな、いいから早く行く!
「ちょ、おい!」
─二度と来ないで、その時が来るまで


俺は何らかの大きな力によって弾き出された。
気づくと目を開けていて、目の前に真っ白な天井があった。


「…雪?雪!」


懐かしい声が聞こえる。
聞いていて落ち着く、慣れた声。
長らく聞いていなかった気がする。


「…尋」


顔を見なくても分かる。
思い出せなかったはずの名前は、さらっと出てきた。
声のした方を見ると、その目から大粒の涙が流れていた。


「…起きないかと思ったぁ…」
「…なわけないだろ」


この感覚だと、数ヶ月は寝てたな…声が出しづらい。


「…悪いな、死にかけたみたいで」
「ほんとだよ…失うかと思った…」


泣き続ける尋の涙を拭ってやる。
俺はお前の笑顔が世界で一番好きだけど、俺のために泣いてくれるならそれも悪い気はしないな…と、密かに思った。



「Messiah」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く