Messiah

嘉禄(かろく)

Darkness to remind of death



─闇が怖い。
死んだあの日に見た、深淵を思い出すから。


「…伊織、寝ないの?
疲れたでしょ?」
「…眠くなんて、ありません」


私は目を覚ましてからというもの、悪夢を見るようになった。
どこまでも果てしない闇の中、死んだ記憶が再生される。
どれだけ拒んでも逃れられず、目を逸らすことは許されない。

─逃れたければ死ねばいい

…嫌だ、もう二度とあんな記憶は作らない。
衛を置いていきたくない。
あんな顔をさせるのは二度とごめんだ。

死と夢を拒んだ俺は、眠りすら拒んだ。
眠れば闇に引きずり込まれる。
眠ればまたあの夢を見る。
眠った先には…死が待っている。

そう考えただけで、眠りすら怖くなった。

この手が衛を殴る。
この足が衛を蹴る。
…私が衛を傷つける!

置いていきたくないと言いながら、別の思考が脳内を支配する。

死んでしまえば逃れられる。
闇から解放される?

─否。

死んだって闇が待っている。
俺は見たはずだ、死んだ先の闇を。

矛盾した思考は、私を振り回す。
死にたい、死にたくない。
死なない、死ぬ訳には行かない。

─どこに光はあるか

そんなもの、どこにもない。
私の世界には、闇しかないのだ。


「Messiah」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く