Messiah

嘉禄(かろく)

Doll crazy about the urge to kill



─まだだ、もっと

目が覚めてから、俺はずっと殺ししかしていない。
北方連合の規則に反した者、潜り込んだスパイ…普通の人間からしたら厄介払いされるような仕事だろうが、俺にはこれが一番向いていた。
時にはサクラが来ることもあった、けど誰が来ようが関係ない。
誰だろうが殺すだけ。


「…くく、ここは退屈しなくていい。
飽きる間もないほど殺していいやつが山ほどいる。
大体がクソほど弱いけど、まあ量でなんとかなんだろ」


俺は周囲に倒れた奴らを見回して笑った。
そういう俺も奴らの返り血で真っ赤だ。
けど汚いとは思わなかった、寧ろ満たされた感じがした。


「いい気分だ…けど足りない、殺していいやつはどこにいる?」


殺しをしない俺なんて、生きる意味を失ったも同じ。
もし殺しを禁じられたなら、それは俺の飼い殺しというものだ。
殺しを求めてふらふらと歩き出す、そこでふと一人のサクラが脳裏を過ぎった。


「…あの時、俺を呼んだサクラ…負傷してたから弱かったけど、本来は強いんだろうなぁ…本気、見せてくれねーかなぁ…会いてーなぁ、殺しがいがありそうだ」


あいつを殺したい。
殺せば、見たことない景色と感覚が味わえる気がする。

俺の中に湧き上がった衝動に、俺は笑みを抑えることは不可能だった─



「Messiah」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く