Messiah

嘉禄(かろく)

睡蓮



─彼はまだ知らない。

この世界の美しさ
人々はこの広い世界で生きる意味を探していること

確かに人は孤独の中生まれ、風の吹くままに時は流れそして風と共にいつか迎えが来る。

長いようで短い、けれど過ぎる程に美しさを知ることが出来る道。
軌跡には虚しさしか残らず、美しいのは生きている現在。

だから聞こう、人々の命の鼓動を。いつかその火が消え眠る日まで。
咲くより枯れる方が長いなら、花のように儚く消えるのなら全ての出来事を忘れぬように生きよう。

彼もどこかで探している、微かな生きる意味を。

明日でさえ、今日でさえどうなるか誰も分からない。
明日自分がいなくなっても、代わりはいない。
だからこそ、輝く星の一つになるため生きていくのだ。


『生きろ、今を
今を生きていくために、彼の分も』



「Messiah」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く