Messiah

嘉禄(かろく)

Blue frame in monochrome



時々、チャーチ内であの人を見かけるようになった。
引き寄せられるように、行く場所行く場所にあの人がいる。

…あの人の周りにはいつも暗闇がある。雨が降っている。
それでも、時々暗闇の中に蒼炎が見える事がある。

心の歯車が止まっても燃え上がるそれは、何を意味しているのか俺には分からない。

メサイアを失って、孤独になって壊れても尚何か強い意志があるのか…?


─だから彼から目が離せない。
彼を支えられるメサイアは、かの人だけなのかな…



「Messiah」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く