Messiah

嘉禄(かろく)

Person in hope of living among him


─俺は一人廃墟にいる。
荒れたその場所は、しかし来た時より荒れていた。

敵の積み重なる死体
飛び散る血
散らばる薬莢

それだけで、充分ここで起こったこととその激しさを物語っている。

その中で、俺は死に向かう。
…遺書なんか残さない、残したらあいつに気づかれる。
俺は生きていることにしたい…そうじゃなきゃ、あいつの支えも生きる意味も消える。


─だから、この死は内緒にしておく。
ここに誰かが来ることは無い、誰にも教えない。
俺は涼の中で生きる…死んだって、理想は変わらない。


「…お前の中で生きるんだ、だからへこたれんじゃねーぞ…涼」



「Messiah」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く