Messiah

嘉禄(かろく)

The black wing which is stained with blood


─ずっと前にメサイアを失った。
    それから私は一人で生きてきた。

やっと、終わりの日が来た。

任務で私は倒れた。
きっと一人で誰にも見届けられないまま朽ちるんだ、と思った。
…なのに、懐かしい気配がした。

とっくに動かせなくなった私の体を誰かが優しく抱き上げる。
こんなことをするのはあの人だけ…。


「…遅いわよ、来るのが」
『ごめん、迎えに来た』


陽の光の下に出たのか、暖かさを感じた。
さっきまで冷たかった、でももう寒くない。

私は、やっと鴉の黒い翼ではなく白い翼を手に入れられる─
貴方と共に


「Messiah」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く