Messiah

嘉禄(かろく)

Memory not to need


『一嶋係長、貴方は私の…!』
『父親だとでも思いましたか?
…本当のことを教えてあげましょう。君は私のクローンです』


引き寄せられて耳打ちされたその言葉が未だに脳内に響く。
私だけにしか聞こえない音量なのに、しっかりとこの耳に残っている。

─私が、一嶋係長のクローン。
   普通の人間ではなく、クローン。
   衛と同じ…造られた人間。

戦いの最中、それを聞かされた時は訳が分からず呆然とするしかなかった。
徐々に理解して、いやせざるを得なくて…すると今までにない怒りが湧き上がってきた。
私はその怒りをそのまま一嶋係長にぶつけた。


『俺は貴方の駒じゃない…貴方は絶対死なせない…一生俺から恨まれながら生きるんだ、罪を悔いたってもう遅い…!』


私に過去の記憶がない理由。
人の温もりを知らなかった理由。
それは経験が無かったから。
生まれが他の人間と違うから。
…あの人に記憶を消されたから。

私の他にもクローンがいたこと…彼らは人体実験の最中崩壊していったこと…私も同じく実験を受けさせられて苦痛を味わったこと…けれど私は崩壊する前に実験が中止となったこと…一嶋晴海のクローンだというだけで。

生まれてきた時からこうなる運命さだめだったと言うなら、運命などくそくらえだ。
一嶋晴海の敷いたレールの上は二度と歩まない、二度と信用しない…私は私の自我に従って生きる。

─どうだ、これが貴方の作り出した人形の意思だ─


「Messiah」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く