Messiah

嘉禄(かろく)

Encounter with the original


私、草薙伊織は大日本共振製薬という企業の研究者だ。
過去には北方とのいざこざもあって危ない目に遭ったこともあった、でも今は政府の監視下にあり落ち着いている。
私は詔処理には関わっておらず、この企業で知らない事が沢山あることを知った。
私はそっちにも調べを入れているが、社長が変わったことで特に咎められることは無かった。

ある日の朝、いつもと同じように出勤して白衣に着替えた時のこと。
館内に非常を知らせるサイレンが鳴り響いた。
こんなのはあの時以来だ…私は慌ててシェルターに向かったが運悪く襲撃犯と鉢合わせた。
銃が向けられる、死を覚悟した時…別の足音が聞こえ、私は死ぬことは無かった。
私の前に、知らない背中があったことで。

これが私のメサイアとの出会い、そして運命が変わった瞬間だった─


「Messiah」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く