Messiah

嘉禄(かろく)

Person having three faces

私には、三つの顔がある。

一つは鴉部隊のリーダー

一つは係長代理

一つは…意図してなった訳では無いのだけれど、サクラの皆にチャーチの母と呼ばれているので入れてもいいでしょう。


そんな私の一日は、早朝の見回りから始まる。
実は、皆と眠る時間帯が違うのだけれど…夜皆が眠りについた頃、私は情報部にいて全ての監視カメラのチェックを始める。
早朝になると梓音くんら鴉が起きるので監視カメラは任せてチャーチの見回りに入る。

終える頃に起床時刻になって皆が起き出す。
皆と同じ時に私も朝食を済ませるべく食堂に向かう。
多少談笑しながら済ませて食堂を去ると、私は真っ先に部屋に戻り鴉の装備から係長のコートを着る。

係長室の席に座るとすぐに任務の報告や司令の話が舞い込んできて確認やら指示で多忙を極める。
自分で言うのもなんだけれど、ね。

昼頃に一嶋さんに代わってもらうと、私は遅めの昼食を済ませてやっと眠りにつく。
前は一嶋さんは眠ってくれなくて困ったものだけれど、今は交代制にしているからバランスも取れているし問題なくなっている。
私は昼夜逆転生活だけれど元々だからまあ大丈夫。
そのおかげで皆に寝ているところを見られることが無いからいつ寝てるのか、とよく聞かれるけれどネタバレをするとそういうこと。
…非常事態が起きた時は睡眠返上だけれど。

三時間から五時間ほど眠り、夕方に目覚めてそれぞれの状況を確認する。
誰かが無茶をしていたら勿論怒るわよ、特に雛森とか雛森とか。

その後夕食を済ませて、皆より早めに入浴も済ませる。
少しゆっくりして、夜が耽ける中皆が眠ったのを見届けて情報部で監視に入る。


これが、今まであまり明かさなかった私の一日の流れ。

…きっと、尋ちゃんに知られたら私怒られちゃうわね。
一嶋さんしか知らないけれど、雛森に知られても厄介だからずっと内緒にするつもり。

「Messiah」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く