Messiah

嘉禄(かろく)

Mask of the emperor




君を裏切り、あの場所から逃亡して君の傍にいられなくなって長い月日が過ぎた。
…やっと、君を取り戻すための準備が整ったよ。

腐った組織を立て直すために仲間を水面下で増やし、ボスを殺して僕がリーダーになった。
そのあとはリーダーが変わったことで落ち着く前に僕たちを潰そうとしてくる別組織の相手をして全部返り討ちにしてやった。
そして、やっと僕は名実共にリーダーと認められ力を手に入れた。


…そう、チャーチを相手にとっても問題ない程の力を。


離れている間、君のことを忘れた日は一日としてなかった。

僕が負わせた怪我のせいでまだ眠っているだろうか
君は僕のことを忘れていないだろうか
僕のことを恨んでいるだろうか
今君の隣にいるのは誰だろうか

こんな風に沢山のことを考えた。
そして君について色々調べ、五年間眠っていたことと君の今のメサイアがかつて組織の下にいた黒王であることも知った。
前谷尋…一嶋晴海にスカウトでもされたのか…けれど彼は雪のメサイアに相応しくない。
いや、誰も相応しくない。
彼の隣に立っていいのは僕だけだ。
そして、僕の隣に立っていいのも彼だけだ。

雪は僕のもの、そして僕は雪のもの。

その事実は、永劫変わる事はない。
それを邪魔する者には容赦はいらない。


さあ、今こそ君を取り戻すための戦いを始めよう。
待っていて、雪。今迎えに行くよ。



「Messiah」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く