あの日の約束を

ミツキ

8話 私の休日

 今日は学校が始まってから初めての休日です。休日の朝といえば同年代の子ならまだ寝ているか、起きていても部屋でのんびりしている時間帯ですね。
 私は部屋着を着るとある部屋へ向かいました。

「おはよう母さん」

「あらおはよう」

 その部屋に向かう途中母さんと会いました。おそらく目的は私と同じはずです。

「母さん、洗濯物は私がやるよ」

「あら、いいの?」

「うん、わたしに任せて!」

「助かるわ、ありがとう」

 いつも母さんは家事洗濯を一人でやっていました。大変とか疲れたとは滅多に言いませんがそれでも簡単な作業ではなかったはずです。いつまでも親に甘えていてはいけません。
 さてと、服はこっちですね…ズボンやスカートはあっち…靴下とかその他は…そっちですね。

「…良しっと」

 家族四人分の衣服の量はやはり一人で行うのには大変です。慣れていないということもあるんでしょうけどね。朝早いから少しだけ眠いですけど外の風は気持ちいいです。
 洗濯カゴを片付け、リビングへ向かうと母さんが朝食を準備していました。ご飯とベーコンエッグ、後はプチトマトもあります。

「わぁ…美味しそう」

「ふふ、さぁ二人を起こしてきましょう」

「うん、わかった!」

 トトトッと小走りをすれば既にユイちゃんの部屋の前に着きました。 

「ユイちゃん入るよ〜」

 部屋に入るとベットにくるまって眠っているユイちゃんが目に入ってきます。

「ユイちゃ〜ん、朝だよ〜、ご飯できてるよ〜」

「ごふぁん? ふぁあぁ…今起きる〜」

 わたしは硬直してしまいました。はたから見ればピキッという効果音が聞こえたのかもしれません。
 なぜかですって? だって……
 そんなの妹が可愛すぎるからに決まっているじゃないですか〜!!??
 寝起きでろれつが回っていないところとか眠そうにあくびするとことかご飯に反応して起きるとことか他にも……

ーーーーーーー割愛ーーーーーーーー

 気がつくとわたしはリビングで食事をしていました。ユイちゃんの部屋に入るとこまでは覚えているんですけど……その後のことが思い出せないです。
 部分的な記憶喪失? 何それ…怖いですね。
 まぁ細かいことは気にしないようにしましょう…ご飯美味しいです。
 すると突然ユイちゃん

「お姉ちゃん最近楽しそう」

と言いました。

「そうかな?」

「そうだよ…学校楽しいの?」

 もちろん学校は楽しいですね。特に最近は仲の良いクラスメイトもできましたし。

「うん、楽しいよ」

「ユイちゃんはどう?学校の方」

 そう聞くとちょっと暗い表情をするユイちゃん。もしかすると聞かない方が良かったのでしょうか?

「学校は楽しくない〜」

 あぁ、やっぱりですか。まぁほとんどの人は授業とか勉強に苦手意識を持ったりもしますからね。
 流石に私も苦手教科の1つや2つ……はっ!? な……なんでもないです。
 でもね、と言うユイちゃんはその顔を笑顔に変えこう言いました。

「友達と一緒に居られるから楽しい」

「そっか……それだけでも楽しみがあるならよかったよ」

 それを聞くことができて本当に安心です。そんなこんなで朝食を食べ終わった私は自分の部屋に戻ってきていました。
 この後私は出かけるのでその準備をしていました。そして準備が完了し時計を見てみると思便り早く準備が整ってしまいました。

「あ…結構早く済んじゃった」

 残り時間がちょっとあり暇になってしまった私はさてどうしようかと考えるのでした。

………

……



「あぁ〜やっぱりこの曲いいなぁ〜」

 あれから考えた結果音楽を聴く事にしました。こう言う時は好きな曲を聴くに限ります。

「本当に良い曲…作曲した人に会えるのなら会ってみたい!」

 このハルカカナタって人の曲本当に凄いです。歌詞の内容自体は恵まれない人たちを思わせるものでちょっと公に自慢はしにくいですけど……聞いていてとてもすっと心の中に入っていくような曲ばかりです。
 とても不思議な感覚で……どの曲も届かない想いを全力で伝えようとしているようで。それがどこか共感できてしまって。
 ……ってあれ?今何曲目だったのでしょう?

「ってもうこんな時間!?」

 気づけば出かける時間を数分過ぎていました。のんびり行こうと思っていましたが走らないとまずそうです。
 結局私はバタバタと騒がしく家を出ていくのでした。

 ちなみに用事はというと、花ちゃんとお出かけをすることでした。
 花ちゃんですか? ええ待っていてくれましたよ……普段以上に満面の笑みで。
 なんだか顔は笑顔だったのにとても怖かったです。そのあと何度も謝り何とか許してもらえました。皆さんは親しい友達であってもくれぐれも待ち合わせなどで遅れないようにしてあげてください。

「あの日の約束を」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

  • 如月アル

    割愛ッwww

    1
コメントを書く