適当過ぎる勇者召喚に巻き込まれ、適当に割り当てられたスキルが《神調整》とかいう、もはやスキルとは呼べない神の力だった物語。

しみずん

16 イメージ

 俺はゆっくりと立ち上がりふらつきながらも歩みを進める。

 もちろん、食料を求めてだ。

 しかし、もう餓死寸前なんじゃねえのかってくらいの空腹状態なので足元はおぼつかず、視界もぼやけて見える。

 早く……早く何かを食べなければ……。

 その時、背後から声を掛けられた。

「あの……どうかなさいましたか?」

 壁にもたれながら振り返るとそこには紫髪が特徴的な女の子がいて、心配そうに俺を見ていた。風が吹いてその子の腰の辺りまで伸びた紫髪がふわりとなびいて甘い良い香りがした。

「あ……いや、えっと……その」

 突然の事だったので、なんと答えたらいいのか分からず口ごもる。

「あの、あれ……そう! 旅をしていてさっきこの町に着いたんですけど、お腹減るわ、疲れて動けないわで……ちょっと休んでいたんです」

 まさか本当の事など口が裂けても言えないから、それっぽく答えておく。

「ずいぶんお疲れなのですね……そんなに遠くからいらしたんですか?」

「えっと……木裏木って所ーーーー」

 何でまじめに自分家の住所を答えようとしたのかは知らないけど、そんな自分のバカバカしさに笑いしか出なかった。

「キウラギー……聞いたことのない所ですね、ずっとずっと遠くにあるんでしょうね、きっと。もしかして、ふるさとなんですか?」

「ええ……まぁ。自然が綺麗で、のどかな所ですよ」

「へぇ……。私、自然って大好きなんですよね。なんだか柔らかくって、綺麗で、暖かくって、命を感じるじゃないですか」

 あくまで私の勝手なイメージですけど。と、彼女は笑う。

 その屈託のない笑顔に思わず胸がときめいた。

 やっべ、超可愛い……。

 そう思った、その時。

 ぐぎゅぎゅぎゅるるるるるるぅぅぅぅぅぅん。

 今日1番の大きさで腹の虫が怒号をあげた。

 話なんかしてないでさっさと食料をよこせ! これ以上待たせるなら次は町中に響き渡るくらいどデカイ声で怒鳴ってやるぞ! とでも言っているような、感情のこもった怒鳴り声だった。

「あっ……いや、これは……」

 俺がなんとか言い訳しようとあたふたしていると、驚きの表情を浮かべていた彼女がくすりと笑って、

「ぷ……くくく。すごい……こんなに大きな腹の虫はじめて聞きました」

 ああ……最悪だ。笑われた。

 何でこのタイミングで鳴くんだよ……もちっと我慢しろよ……。覚えてろよ! 腹の虫!

 俺は顔面が燃えるように熱くなり、もはやうつむく事しか出来なかった。

 超、恥ずかしい……。

 すると彼女は理解しがたい言葉を口にする。

「さっ! 行きますよ!」

 言って、俺の右手を引いて歩き出した。

「えっ? ちょっと……」

「すぐそこですからっ!」

 久しぶりにというか、ほぼほぼ初めて握る同い年くらいの女の子の手は柔らかくて、綺麗で、暖かくて、命を感じる手だった。

 あくまで俺の勝手なイメージなのだけど。と、俺は更に赤面する。


「適当過ぎる勇者召喚に巻き込まれ、適当に割り当てられたスキルが《神調整》とかいう、もはやスキルとは呼べない神の力だった物語。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く