適当過ぎる勇者召喚に巻き込まれ、適当に割り当てられたスキルが《神調整》とかいう、もはやスキルとは呼べない神の力だった物語。

しみずん

0 最速の勇者召喚

 気が付くと目の前には謎のお爺さんがいて、

「あぁーはいっ、これスキル。じゃあ、行ってらっしゃい」

 送り出され、またーーーー気を失った。

 

「適当過ぎる勇者召喚に巻き込まれ、適当に割り当てられたスキルが《神調整》とかいう、もはやスキルとは呼べない神の力だった物語。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く