学園のアイドルと同居することになりましたが・・・

seabolt

ハグ 2

ペイペイちゃんの行動は、理解不能だ?いきなりハグを求められても困惑するに決まっている。しかし、彼女の少し恥じらいを持ちながらお願いしてきた可愛さに負けてしまった。そして

「えい!!」

とハグをしたんだけど、なんとなく気まずい。ふぁっと彼女の柔らかい感触の中に沙織さんとは違う何かを感じたのは間違いない。それよりも他に見られたらと思うとちょっと気が引けているというのが本音の所だ。





みんなが朝食に降りてきたんだけど、俺とペイペイちゃんはなんかよそよそしくなっているような。正確には、俺だけがよそよそしさを醸し出しているのかもしれない。そんなことに直ぐに気付くのが女子の感のいい所。早速、紗耶香ちゃんが

「恵君、何かあったの?」

「ないもないよ」

俺の班のは怪しさMAXに違いない。じーっと俺の目を見てきた。多分、俺の目は泳いでいるに違いない。と思っているとペイペイちゃんが

「恵君!!フライパン焦げてる!!」

「うわっ!!」

あわててフライパンの火を消したのだが、目玉焼きは完全に焦げてしまっていた。

「何やっているのよ!!」

怒り出したのは沙織さんだった。艦所は直ぐフライパンから焦げた具材を捨てて、水洗いをして、再び火にかけた。

沙織さんの起点で、なんとか目玉焼きは朝食に間に合ったのだった。ただ、時間がないということで、俺への追及はなくなったかに見えた。




「学園のアイドルと同居することになりましたが・・・」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く