本当の恋愛

こた

クリスマス

 クリスマスまであと1週間。僕はプレゼントを買うために近くのショッピングモールに行った。やはり女性にはネックレスなどのものを買ってあげたい。だが、彼女は金属アレルギーだった。なので、悩み悩みに財布を買うことにした。



そしてクリスマス当日、まさかあんなことを言われるとは知らずに、僕と彼女はイルミネーションを見に行った。
実は昨日の夜、友達にイルミネーションに誘われていた。
でも、彼女と行くので断っていた。すると友達から
「リア充死ね!爆発しろ」ときたのだ。
まあそんなことは気にせずにデートを楽しむことにした。
イルミネーションを見ながら歩いていると、昨日イルミネーションに誘ってくれた友達と出会った。
そして一言だけ言われた
「リア充死ね!」とだけ言われた。
まあこんなことは気にせずに楽しんだ。



イルミネーションを見た後に、夜ご飯を食べる予定だったが、帰ることにした。
その帰りに彼女が突然
「もうほとんど会えないかも」
と言ってきた。
僕は
「なんで?」と言った。
すると彼女は
「私、東京大学受けるつもりだから今から勉強しなきゃいけないの」と言った。
何を言っているのか始めは理解出来なかった。
その後はその事で頭がいっぱいでプレゼントを渡すことなんか頭になかった。




冷静になって考えるとこれが最後のデートということ。でも、東大を受けると聞いてデートに誘えるわけがなかった。




「本当の恋愛」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く