本当の恋愛

こた

喧嘩

 今日は遊園他に来ていた。本当に時間が過ぎるのが早くあっという間に6時間も経っていた。だが、ある事をきっかけに喧嘩になる。それは2人でジェットコースターに乗って違うアトラクションに乗りに行こうとした時、とても胸の大きい女性がいた。男からしたらこれは反射的なのだが、一瞬、胸に目がいってしまった。
それを見ていた彼女が鋭い眼差しで
彼女「今あの子の胸に見てたでしょ?」
僕「ご、ごめん」
と言ったら泣き出した。
彼女「どうせ胸の大きい女性がタイプなんでしょ?」
と言われ
僕は
僕「僕は胸の小さい人の方がすきだーーー!」
と大きな声で叫んでしまった。
家ならともかく何万人も人がいるこの遊園地で恥ずかしい思いをしてしまった。
そしてそんなことを言った僕に更に怒りは増した。
帰りの電車で一言も彼女は口を聞いてくれなかった。
確かに大声で叫んだのはいけないが、胸の大きな人がいたら見てしまうのが男では?と心の中で思う。こんなこと考えてる時点で反省が足りないなと思う。



結局3日間口も聞いて貰えず、LINEも返ってこなかった。許しては貰えたのだが、多分自分はまた胸の大きい女性がいたら見てしまうだろうと思う。でも本当に、大きい人よりは小さい人の方が好きなのだ!
それからというものの、胸の話は禁句。胸フェチの自分からするとかなり辛い。




月曜日の放課後、2人で学校帰りにファミレスに行くことになった。
運が良いと言えばいいのか運が悪いと言えばいいのか、そこの店員さんは胸が大きかった。接客に来る度に見ないよう見ないようにはしているがやはりチラ見してしまう。
ファミレスに1時間ほどいたが生きた心地がしなかった。
この時にこれが恋愛なのかと感じた。




「本当の恋愛」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く