本当の恋愛

こた

花火大会4

 ようやく焼きそば屋に到着した。
焼きそばを2つ買って近くのベンチで食べることにした。
突然彼女が
彼女「好きな人とかいるの?」
と聞いてきた。
僕「い、いないよ」
少し焦った
彼女「私はいるけどね」
僕「え?誰々?」
彼女「それは内緒だよ!」
僕「ケチ」
と言ってこの話は終わった。






そしてついに花火が始まった。
ドカーン、ドカーンと次々に花火が打ち上がっていく。
花火と一緒に映る彼女はいつもよりも魅力的だった。
と思っているうちに花火は終わった。
僕「帰ろうか?」
彼女「そうだね。」
そして、彼女との別れ際
僕「またね!」
彼女「バイバイ!」
と言い、帰ろうとした時彼女が
彼女「君が好き、大好き」
と大きな声で言ってきた。
一瞬何が起こったのか分からず、呆然としていた。
僕「冗談だろ?」
彼女「本当だよ。」
と言われ、何と返していいのかわからなかった

「本当の恋愛」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く