本当の恋愛

こた

花火大会3

 花火大会に行くために電車に乗った。
5分ほどで到着するんだが、その5分が1時間にも2時間にも感じた。
手汗もひどく、心臓の動きもいつもの何百倍も早い。
僕「どうしよ手汗やばい」
と思いながら隣を見ると浴衣姿の彼女、
僕「可愛すぎる」
手汗がさらに止まらない
など考えていたら目的地に到着した。




彼女に降りよと言う。
彼女「うん」
僕「まずはどこ行く?」
彼女「お腹空いたから屋台行きたい!」
僕「なら焼きそば食べよ!」
と言い屋台に向かう。
屋台に行くまで5分ほどかかったが終始無言。
僕「何か話さないと」
彼女「何か話さないと」
お互いが同じことを思っていた笑笑
屋台に行く途中、中学生の頃の友人に会う。
友人「おまえら付き合ってんの?」
僕「付き合ってねえし。」
僕は死にたいと思った。彼女がいる前でこんなこと聞くなと思った。
友人は更に聞く
友人「2人でなにしてんだ?」
僕「たまたま会ったから回ってるだけ」
ここで何故デートと言えないのか自分の性格が本当に嫌だと思った。

「本当の恋愛」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く