本当の恋愛

こた

花火大会2

 花火大会当日の朝、嬉しすぎて朝の5時に起きてしまった。
彼女との約束の時間は5時で、その5時までがとてつもなく長い。
とりあえず、今日着ていく服を決めよう。
僕「どれにしようどれにしよう」
この時、デートに行く前の女の子が服を選ぶ時の気持ちがわかった気がする。




そして、約束の時間の1時間前、楽しみすぎてもう約束の場所に来てしまっていた。
30分くらいすぎた頃ようやく彼女がきた。
僕「ゆ、浴衣かわいい」心の声
彼女「おまたせ」
彼女の浴衣姿はほんとに可愛かった。今すぐに抱きつきたいくらい可愛かった。
僕「じゃあ行こうか。」
彼女「うん。」
さて花火大会はどーなるのか?





話短くてすいません。
たくさん書いていくうちに多くして行きたいと思ってます。

「本当の恋愛」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く