本当の恋愛

こた

花火大会

毎日話すようになってから3ヶ月がたち夏休みもあと3日となった。
僕は夏休み最終日にある花火大会に彼女と行きたかった。
LINE
僕「あの〜」
彼女「なに?」
僕「んと〜」
彼女「だからなに?」
恥ずかしさからかなかなか話を切り出せずにいた。
結局花火前日になってしまった。
絶対に言わなきゃと思い、LINEをいれた。





LINE
僕「ちょっといい?」
彼女「なに?」
僕「実はあした花火大会があるんだけど」
彼女「うん、」
僕「実は行く人いなくてどうかなと思って」
彼女「行ってあげてもいいよ」
その瞬間ほんとに嬉しかった。涙が出た。
果たしてその花火大会で何が起こるのか…

「本当の恋愛」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く