話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ドラゴンでもチートなのに、竜神になってさらにチートに!

刺身食べたい

特別編1


 明けましておめでとうごさいます。元日から数日過ぎましたが、何か特別なことをしたかったので正月回をします。
※注意。『特別編』なので、キャラ崩壊やら謎の新キャラ(のちの本編に登場する)やらが登場します。読み切り(だから時系列や文章も無茶苦茶)とでも思って楽しんでください。若干ネタバレあり。


 今日は1月1日、元日だ。と言っても、特にすることはないしなー何をしよう‥‥‥。
 そういえば、ここにはカレンダーもないのになんで俺は今日が元日ってわかったんだ?‥‥‥不思議だけど、別にどうでもいいか。

 さて、本題だが前世で俺は元日に何をしていたかな~‥‥‥えーと、『お年玉』『餅を食べる(食べない時もあった)』『おせち』『初詣』『ダラダラする』ーー大体はこんなもんか?

 お年玉ーーは親がいないからもらえないし、餅はこの世界に存在するかも怪しいし、おせちーーは餅よりは存在する可能性が高いけど‥‥‥俺は作れないしたー‥‥‥。

 仕方ない、いつも通り狩りをして食事をして寝るか。

「スラ君~、仮に行くよ~」
「はぁーい」

 俺はそう思ってスラ君と一緒に狩りに行ったーー

ーー全然居ない。モンスターが。まだ、お腹は大丈夫だけど。

「スラ君、モンスターがいないよ」
「もうちょっとさがすの」
「そうだね」

 俺とスラ君は頑張ってモンスターを探したーーが、見つけることが出来なかった。あまりにも見つからなくてがっかりしていると、やっとモンスターーーいや、シルエット的に人間?を見つけた。
 俺はその人間にモンスターがいるか尋ねるために声を掛けた。

「おーい」
「ん?僕?」
「うん。ところでモンスターがどこにいるか知ってる?」
「ここは僕の結界の中だから、モンスターは居ないよ」
「それにしても、結界の外から来たのかな?」
「そうだよ。狩りのためにモンスターを探しているんだ」
「そうなんだ‥‥‥あ、じゃあ僕の家に来ない?この近くにあるけど」
「え?いいの」
「ここであったのも何かの縁だからね」
「じゃあ、お言葉に甘えて」

 なんやかんやあって俺はこの親切な人間の家に行くことになった。

「あ、まだ名乗ってなかったね。僕の名前はエイター・クリ」
「よろしくな、エイター。俺の名前はネルム、こっちの魔素生物スライムはスラ君、まだ仮称だけど」

 それにしても、エイター・クリって変な名前だなぁ‥‥‥エイタークリ‥‥‥クリエイター‥‥‥creator!?

「ねぇ‥‥‥」
「ん?何?」
「エイターって実は‥‥‥創造主か神様だったりする‥‥‥?」
「‥‥‥よく気付いたね。そうだよ、僕は創造主だよ。この世界の‥‥‥じゃないけど。なんで気付いたの?」
「名前がクリ・エイター‥‥‥creatorだからな」
「あちゃー‥‥‥流石に名前が適当すぎたかぁ~。で、気付いたからどうするの?」
「俺的には何もしないけど‥‥‥やっぱり、敬ったりした方がいい?」
「ああ、別にそんなことしなくていいよ」
「そうか‥‥‥よかった」
「まあ、早く僕の家に行こう」

 俺達は改めてエイターの家に向かった。

「着いたよ、ここが僕の家だよ」
「おお‥‥‥何というか‥‥‥普通、だな」
「それはそうだよ。すっごく豪華ーーとでも思った?」
「ああ」
「それは残念。ま、いいから上がってよ」
「お、お邪魔します」

 中に入ると(面倒いのでry)。

「お腹すいただろう?」

 エイターがそう言って『指パッチン』すると、机の上におせちが現れた。

「あ、その姿じゃ食べにくいか」

 そう言って再び『指パッチン』をすると、俺とスラ君の姿が人間になった。俺は青年に、スラ君は美女に‥‥‥。尊い。

「大きくなったのー」
「あ、人間になっても口調は変わらないのね」
「さ、召し上がれ」

 俺とスラ君はおせちを食べ始めた。栗きんとんや黒豆、昆布巻きなどを食べた。

「うまーいなの」
「確かに美味い」
「あはは、まだまだあるからいっぱい食べてね」
「ああ、ありがとう。美味しいよ」

 無我夢中で食っていたが、腹一杯になると眠たくなってきた。

「眠いのかい?」
「ああ」「ねむいーなのー」
「そうかい、ゆっくりとおやすみ」

 その言葉を最後に俺の意識は夢の世界へと旅立ったーー

ーーという夢を見た。









 後からスラ君に聞くと、同じような夢を見たようだ。何とも不思議な体験だった‥‥‥。


夢オチです。特別に更新しているだけです。本来は金曜日更新です。

アナタハナニモヨンデナイアナタハナニモヨンデナイアナタハナニモヨンデナイアナタハナニモヨンデナイアナタハナニモヨンデナイアナタハナニモヨンデナイアナタハナニモヨンデナイアナタハナニモヨンデナイアナタハナニモヨンデナイアナタハナニモヨンデナイアナタハナニモヨンデナイアナタハナニモヨンデナイアナタハナニモヨンデナイアナタハナニモヨンデナイアナタハナニモヨンデナイアナタハナニモヨンデナイアナタハナニモヨンデナイアナタハナニモヨンデナイアナタハナニモヨンデナイアナタハナニモヨンデナイアナタハナニモヨンデナイアナタハナニモヨンデナイアナタハナニモヨンデナイアナタハナニモヨンデナイアナタハナニモヨンデナイ(別に字数稼ぎではないです。ただの『洗脳』です)















































「久しぶりに人ーーあれはモンスターか。まあ、どっちでもいいや。また会いたいなぁ‥‥‥ま、無理だろうけど」 

「ドラゴンでもチートなのに、竜神になってさらにチートに! 」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く