話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ドラゴンでもチートなのに、竜神になってさらにチートに!

刺身食べたい

第15話:ペット

   暫く歩いて見つけたのはーー魔素生物スライムだった。はあ‥‥‥また魔素生物スライムかよ‥‥‥大して旨味もない雑魚だけど、経験値を貯めるのには役に立ちそうだな。

   そう思って俺は魔素生物スライムに近づき手を大きくあげて攻撃の準備をした。すると、何処からともなく声が聞こえた。

「うう‥‥‥しにたくないの‥‥‥だれか、たすけてほしいの‥‥‥」

   助けを願う声の出どころが気になった俺は周りを見渡した‥‥‥しかし、どれだけ周りを見ても周辺には生き物はおろか、虫の一匹すらいない。
   今のは何だったんだ‥‥‥。俺は気を取り直して再度、攻撃の準備をした。すると、また何処からともなく声か聞こえた。

   今度は注意深く耳をすませて声の出どころを探すとーーなんと、それは魔素生物 スライムの声だった‥‥‥。『灯台下暗し』だな‥‥‥。

   俺は声が通じるかわからないが何故か、声を掛けてみようと思った。

「どうしたの?」

   俺の声が聞こえたのか、魔素生物スライムは俺を見上げてーーたような気がしたーー話した。

「ころさないでほしいの‥‥‥まだ、しにたくないの‥‥‥たすけてほしいの‥‥‥」

   やだ、なにこの可愛いモンスター生き物は‥‥‥。俺がそう思うと今更だが、罪悪感が湧いた。
   流石にを殺すのは‥‥‥遠慮したいな。

   見逃すのもいいけど‥‥‥に欲しいな‥‥‥そうだ!!

「殺さないけど、代わりにになってよ」

   随分と汚い手段だが、この魔素生物スライム以外はあまり可愛いと思えない‥‥‥今このモンスターを逃したら二度と会えない気がする。それに俺が見てないところで他のモンスターに喰われるのも夢見が悪い‥‥‥これも何かの縁だ。

「こ‥‥‥ころさないの‥‥‥?」
「殺さないよ、ペットになれば」
「う‥‥‥うん。ぺっとになるの‥‥‥だから、ころさないでほしいの‥‥‥」

   よし!!言質はとった。俺がそう思って喜んでいると、機械的なアナウンスが脳内に響いた。

ーーーーー
個体名『-』種族名『魔素生物《スライム》』を(命を脅す卑怯な方法で)テイムしました。
スキル:【テイムLv:1】を獲得しました。
ーーーーー

   あれ?今のでスキルを獲得したのか?スキルって結構簡単に獲得出来るんだ‥‥‥。

「よろしくね」
「‥‥‥」

   あれ?『スラ君(仮)』が黙ったままだ‥‥‥。あ、『スラ君(仮)』というのは便宜上の仮名だ。流石にずっと魔素生物スライムだと‥‥‥ね。
   それに俺にネーミングセンスはない‥‥‥ひどい名前しか思いつかないから便宜上の仮名でいいだろ‥‥‥。


○○○(仮)の登場です。アナウンサーも辛辣ですね…事実ですが。

「ドラゴンでもチートなのに、竜神になってさらにチートに! 」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く