話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ドラゴンでもチートなのに、竜神になってさらにチートに!

刺身食べたい

第2話:新婚?

   ふわぁぁぁああー‥‥‥久しぶりに長く寝たな。それと、随分変な夢を見たなぁ~。俺がドラゴンになるなんてあるわけないのになぁ~。

「ネルムよ、起きたか?」

   ‥‥‥前言撤回、やっぱり夢じゃなかった。

「父さん、起きたよ」

   俺は父ドラゴンに返事をした。それと‥‥‥ここは何処だ。洞窟っぽいけど‥‥‥昨日(?)、気絶した時は森(?)にいたから‥‥‥もしかして、運ばれた?
   ‥‥‥考えても意味がないから考えるのを止めよう。

   俺は洞窟の外に出た。洞窟の外には幻想的な光景が広がっていた‥‥‥。様々な色の玉をその身に纏っている木々が辺り一面に生えている。

   グゥゥゥゥ~。‥‥‥随分と情けない音が響いた。これは‥‥‥俺の腹の虫が鳴いている。

「あらあら、お腹が空いたのね。では、食事にしましょう」

   母ドラゴンがそう言った。俺は(今世の)母とはいえ、女の人にお腹が鳴る音を聞かれて恥ずかしかった‥‥‥。

   母ドラゴンーー母さんが純白の翼を広げた。多分、飛ぶのだろう。そう思って眺めていたが突然、体を掴まれた。
   俺はビックリしたのと恐怖で体をじたばたと動かし暴れた。‥‥‥想像してみろ、いきなり体が浮く恐怖を。暴れずにいることは無理であろう。

「これ、暴れるでない。サーシャの背に乗せられないだろう」

   ふと後ろを見ると、俺を掴んでいたのは父ドラゴンーー父さんだった。

「父さん、いきなり掴まないでよ。怖かったんだから」

   俺は文句を口にした。冗談抜きで怖かったからだ。

「すまぬ‥‥‥一声掛けるべきだったか?」

   父さんは謝った後、俺をと母さんの背に乗せた。‥‥‥繊細な動きすぎて怖がっているのがバレバレだ。

俺が母さんの背に乗せられた後、母さんが翼を勢い良くはためかせた。翼をはためかせた余波で風が生まれ、俺は吹き飛ばされそうになり母さんの背中にある鱗を掴んだ。‥‥‥鱗だから掴むところがあまりないけど無いよりはマシだ。

「しっかり掴まっているのよ」
「もう少し早く言ってくれよ、母さん。危うく吹き飛ばされそうになったんだから」

   俺は母さんにも文句を言った。‥‥‥さっきから文句を言ってばかりだな、俺。

「ごめんね、私達は子を育てたことはないの。だから分からないことが多いのよ」

   ‥‥‥新婚かな?


全部直すので一からになります。リアル志向にしてます。



「ドラゴンでもチートなのに、竜神になってさらにチートに! 」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く