話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ドラゴンでもチートなのに、竜神になってさらにチートに!

刺身食べたい

第1話:名付け

   俺は自分ドラゴンだと言われて唖然とした。そんなことはないと思いたかったので、じ、自分の体を恐る恐る確認した。

   先ずは自分の手を見た。大凡、人のものとは思えないほど長く尖ったーー爪。これだけならば爪が長く尖った人間だと思えたがーー冷静になればそんな人間はいないと思うーーそれを否定するかのように俺の手には赤い鱗《・》がある。その赤い鱗は手から腕、足にまでかけてびっしりと生えている

   この時点でもう、頭や顔を確認する勇気は無くなっていた。‥‥‥だが、冷静になれば人間でなくてもいいかもしれない。ドラゴンといえば生物の頂点を意味する代名詞でもある。最初からそれに近い力を持てるなら人間でなくてもいいか。‥‥‥人間に討伐されるかもしれないけど。
   俺は楽観的に考えることで心の安定を保った。

「‥‥‥先程から何を考えておる、我(と■■■)の子よ」

   ‥‥‥こいつこのドラゴン、さっきから重要なことばっかり言いすぎ。‥‥‥一度にたくさん考えられるか‥‥‥!

「‥‥‥俺って‥‥‥あんたの息子で、ドラゴンなのか?‥‥‥」

  でもやっぱり、ドラゴンより人間の方がいいという想いは捨てきれなかった。俺は最後の希望を掛けてドラゴンに聞いた。

「あ、『あんた』って‥‥‥まぁ、まぁ良いじゃろう。如何にも、我は其方そなたの親であり、其方は我の子でドラゴンだ」

   そして、告げられる残酷(?)なる現実。‥‥‥これで俺はドラゴンだと自覚したーー自覚させられた。

   俺が少し悲観していると空からが降りてきた。それはだった。俺はそのドラゴンを見て、自然と『白き竜』という単語が浮かんだ。
   自然とその単語が浮かぶほどに白く、何よりも神々しかった‥‥‥。

「おぉ、戻ったか、サーシャよ。残念な事に『我らの子』は既に生まれてしまった」
「ただいま、フレア。そうですか‥‥‥それは残念です」

   ‥‥‥真紅の如く赤いドラゴンと白き竜が俺そっちのけで、会話している。

「ーーサーシャよ、我らの子が退屈しておる。話をするのはそろそろやめようか」
「そうですね。では、をしましょう」

   ‥‥‥俺抜きで、話がトントン拍子で進む。何をしているのかが全くわからない。

「我は炎竜王フレイムドラゴンキングフレア」
「私は光竜女王シャイニングドラゴンクイーンサーシャ」
「「これより『』を行う。汝の名は『ネルム』」」

   二人ーー二ドラゴンーーが何かを行なって、『ネルム』と唱えた直後、体の至る所が痛みだした。

「グゥルルル‥‥‥」

   痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛いっ‥‥‥!!凄まじいを全身から感じる‥‥‥今なら何でも出来そうだ。だが、力と一緒に痛みも感じる。今は、痛みで気絶しないようにするのが精一杯だ。

   暫くして精神が病みそうな痛みが治まった。だが、もう動けそうに無い‥‥‥。

「疲れたでしょう。お休みなさいな」

   俺はその言葉に従うかのように眠りに落ちた。


生まれたばかりの赤ん坊は寝なさい。修正したことによって全く別の作品になった…。

「ドラゴンでもチートなのに、竜神になってさらにチートに! 」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く