友だちといじめられっ子
文学

連載中:7話

更新日:

友だちといじめられっ子

  • あらすじ

      ある日から突然、少女はクラスメイトから無視をされるようになった。やがて教室に行かなくなって、学校に行かなくなって⋯⋯。
      またある日、先生に言われて保健室に通うようになり、教室に行くのだが、影で言われていたのは「なんであいつまた学校に来てんの」。少女は偶然それを聞いてしまい、また保健室登校に逆戻り⋯⋯。
      またまたある日、保健室に登校していた少女の元に、友人が謝りに。また教室に行くようになるも、クラスメイトに反省の意図は無かった⋯⋯。
      遂には少女は自殺してしまい⋯⋯⋯⋯。
     
     
     
     (言葉なんかじゃ、簡単にいじめは無くならない。特に先生が無理に言い聞かせるのは逆効果だとおもいます。正解なんて自分にも良く分かりませんが。)
     
     
     ※バトルや恋愛も無いので退屈かもしれませんが、異世界物の合間にでも読んで見て下さい。
     
     (完結済~全7話)

    キーワード

「友だちといじめられっ子」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「文学」の人気作品