異世界生活物語

花屋の息子

懲りないヤツ

「誰が親だと?私は待てと言ったはずだ。私の命を無視して勝手に戦列を乱したのは、お前達だ。そんな勝手をした者が”寄り子〟を名乗る事が許されると思っているのか?」
「そ・・・」


 ごにょごにょと、多分言い訳を言っているのだろうが、俺にはそんな事はどうでも良い、それより誰だっけな~、どこで見かけたんだろうな~?記憶の片隅に追いやらてなかなか出て来ない彼らの顔、それを俺は一生懸命思い出す事に忙しかった。
 その間にもファリアさんからの叱責は続いていたのだが、言い訳をしても段々と死の足音が聞こえ出したのか、青くなる者赤くなる者反応はさまざまなのだった。
 男達の中で一番口達者な者がファリアと言い合いをしている中、ここで言い負かさねばと思ったのか、男女二人が達者者の応援でもするかのようにファリアを口撃する。それとは反対の反応を見せる者も居る。気の弱そうな方の男女はポロポロ涙を流し、膝を抱えて「助けて」とブツブツ懇願しているのだ。


 その光景に見かねたのだろう牢番の兵士が近づきダァンと大きな音を立てて牢を蹴りつけた上で一喝する。
「黙れ。ファリア殿も、あまりこの者たちを刺激するのは辞めて頂きたい」
 確かに考え事をする上に置いても言い合いは邪魔でしかない、良い仕事をしているよ牢番さん。


「思い出した~」


 静かにはなったが、殺伐とした空気の中で、子供の素っ頓狂な声が木霊した。
 なんとも、素っ頓狂の言葉が合う現場なのだろうか、国会で野党が熱弁を繰り広げている中、ババンバ、バン、バン、バンっとお湯の着メロを流したら、同じ空気が流れるかもしれない。


「肉屋のおっちゃんに絡んでたお兄さん達だ」
「あん、何だこのガキは?」


 おお威勢が良いね~。若い者はこのくらい威勢が良くないと。


「エドワード君、コイツらを知っているのか?」
「前に近くの肉屋さんで一回。血抜きして無い肉を持って来て、買い取れって騒いでいた人です」
「そうか。君には何度も迷惑を掛けていたのだな。すまない」
「ぬぁ、おいガキ、余計な事言ってんじゃねえ、ファリアさんコイツの言う事なんか・・・」


 もしかしたら一人二人はダメかこれは?何度もやらかしているようなら流石に救えない、同じパーティーなので全員救ってあげたいが・・・
 そんな事を考えている中ファリアさんの眼光が鋭くなった。戦闘時はこんな顔をしているのだろうな、その顔を見た3人は威圧されたように黙り込む。


「口の利き方には気を付ける事だな、お前達をここで処分しても良いのだぞ!」
「ファリアさん処分したらダメです。皆さん始めまして、僕はエドワードと言います」

「異世界生活物語」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く