異世界生活物語

花屋の息子

接見

「何をしている?、早く着いて来い」
 だからそれがせっかちだって言うんだ~。もしかしたこの人自体は腕っ節だけで席を持っているのかもしれない、人を見る目とかそう言うのを取っ払って、「何かあったら自分が始末をつけるから問題ない」って、外れてくれたら良いけど多分残念なおねえちゃんなんだろうな。
 詰め所から少し離れた資材置き場の一角に、板塀を回した屋根なしの建造物があった。多分これが牢屋なのだろう、イメージしていた丸太組みの青空牢とは違ったのが残念だ。


「この中に居るのですか?」
「そうだ。さあ入ってくれ」


 クランク状になった入り口を入って行くと、塀の中にはイメージした丸太組みの囲いが設けられ、外の板塀は目隠しのためのモノだったみたい。感覚では「お前らこうなるなよ」って戒めのために、晒し者になるのかなって思っていたので、地球とは感覚が違うみたいだ。
 板塀の外には居なかったが、牢には5人の兵士が見張りをしていて、ガチムチの人が槍を持って逃亡しないように睨みを利かせていた。
 牢の中には5人の男女が、体育座りで頭を膝にくっつけている。彼らが問題児さんたちなんだろう。


「ファリア殿、隊長からは聞いています」
「ご苦労様です。彼がそうです」


 イヤイヤそこは、「ご迷惑を~」とかじゃないのか?其処に捕まってるのはアンタが監督しなきゃいけなかった人たちだよ。もしかしたら収容者が居なくても、牢番として常に居るのかもしれないけど、囚人が居なきゃもっと気楽に勤務できたかもしれないじゃん?


「そうか君がね。隊長の命だが、う~ん何と言うかな・・・」
「お疲れ様です。エドワードと言います。お世話になります」
「グラハムさんの息子だけあってしっかりはしているようだ」


 仕方が無いよね、だって俺子供だもん。これが元の30過ぎなら一発OKなんだろうけど、それじゃ意味が無いし、あれこれって・・・・どっちでも認めてもらえないって事じゃねえか。


「ファリアさん!俺達どうなるんですか!」
「ファリアさ・・・」


 ドン!、ファリアさんを見た彼らは、こちらに寄って来て騒ごうとしたと見なされたのだろう、兵士が持っていた槍の石突きで地面を打ち鳴らし威圧をされ、泣きそうな顔になっている。
 ・・・どこかで・・・見たような・・・気がするんだけど・・・俺の記憶の中には、捕まっている人たちの顔がおぼろげながら残っていたのだ。しかしこれがどこだったのか・・・


「お前達は縛り首だ」
「そんな・・・」
「何とかしてくれよ、アンタ俺達の”親”だろ」
「そうだ、何とかしてくれよ、ちょっと前に出たからって、なんで縛り首になるんだよ」


 ファリアさん、言い方は気をつけて下さいよ。絶望感を漂わせた男女ペアは良いとして、火が付いた感じの人たちなだめて、話をしなきゃいけないの僕ですけど。まったく。

「異世界生活物語」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く