異世界生活物語

花屋の息子

初売り・・・

 早起きは三文の徳とか言うが、あまり変わらないかな?パッチテストも問題が無く、ピンクにもなっていない。
 朝から肉屋に行き、脂身を貰って処理を済ませて、一回目を煮たら、今日はこのまま放置する。
 今日は何と言っても、軟膏の初売りをする日なのだ。
 ・・・いや初配りと言った方が良かったな、流石にあそこまで手伝わしたのだから、領軍と違い、初回は無料で配布する事にしたのだ。
 これは、宴の時に周知してあるので問題ではなかったが、入れ物の兼ね合いのあったので、初日はまた回って伝えると言っておいたのだ。毎日家まで押しかけられても困るからな。


「おはよう御座いま~す、今日からはじめるのでお願いしま~す」


 井戸端に居た奥様達に声を掛けて回る、四つ五つと井戸端を回ると、「後で行くよ」と皆さんに返してもらえる、ありがたい事だ。
 あれだけ手伝って貰ったのに、サービスはそれしか無いのかって?まげわっぱの器をリユースする事で、値段は抑えてあるが、良い香り付にもしたし、そのあたりで勘弁していただきたい、これからの生活がより良いものになるのだから。


「待ってたよ、エドちゃん今から行っても良いのかい?」
「これで帰るので、今からでも大丈夫です」
「そうかい、悪いけど、これから行かせて貰うよ」
「それじゃ、私も行かせて貰おうかね」
「は~い、大丈夫です。ありがとう御座います」


 ある程度面積のある土地だが、人口密度が途轍もなく薄いので、すべて回っても声を掛けた人数は、30人を下回る。
 手伝って頂いた人も、顔がすべて覚えられる程度なので、もし手伝いもしていないのに、タダで貰おうなどという不届き者が出ても対処可能なのだ。
 おばちゃんABと供に家に帰ると、さらにCが待っていた。こちらも日中に用があって、朝の内しか時間が取れないとの事だった。
「今持って来るね」と声を掛けて納屋の中から、一回目処理の間を使って、詰め替えを行なった軟膏を持ってきた。


「えらく小さいね?」
「三日以上使えないから小さい入れ物にしてあるんだ。四日目になるとカチカチでもう塗れないから」
「そうなのかい、それと、その入れ物は何だか変わってる物だね。」
「魔法で作ったんだ。皆さんには手伝って貰ったから、入れ物は僕からの贈り物です。次からは、入れ物を持ってきて下さい、中にクリームを足します」


 面倒だと言い出されたらどうしようかと思ったが、皆言葉にはしないでくれたみたいだ。
 朝食が終わった辺りから、お昼までは、母と姉の手を借りなければならないほどの大盛況、やはり小さい事を気にする人はいたが、前に作ったカチカチの蝋化したクリームを置いておいたので、母でも大きな問題にはならずに、説明して納得して貰ったようだ。
 奥様達にも、アップルパインの香りは好評で、ミント香は今回は試供として置いておいたのだが、アップルパインの方が好評だった。ミントの方は少し鼻に残る感じとの事だった。
 かなり弱い香りだが、こちらの人にとってミントは、あまり馴染みが無いのだろう。
 これとは逆に、昼過ぎに納品した領軍では、ミント香が好評で、魔物が嫌がってくれるかなとの事だった。
 用途が分かれてくれたのは、香草探しに明け暮れずに済むので助かる話だ。 

「異世界生活物語」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く