異世界生活物語

花屋の息子

軟質硬質は違うもの?

 火にかけた鍋は何の問題もなく鍋として使えている、グツグツと煮立たせるが、ただの金鍋を使った前回に比べても、容積に違いがあるにもかかわらず、こちらの方が少し遅い程度で沸騰するあたり、熱伝導率はこちらの方が圧倒的に良いようだ。
 単純に手間がかかりすぎる事を除けば、焼き物の方が性能は上、この辺りは地球とは大きく違う。
 沸騰した湯に獣脂を投入すると、ペースト状に練れた方は、フワッと溶けていったのに対し、半固形の硬質タイプは、一度底に沈んで溶けながら油分が浮かび上がって来る、透明な分違いがあるが海底原油のように見えて、見ていて飽きないものだ。
 とは言っても、余分な成分を溶かし出さなければいけないので、そう悠長に見守っている訳にもいかず、枝で作った棒・・・皮を剥いただけの手抜きですいません、を使ってかき混ぜるのだった。
 こんな事なら、長柄の杓文字?へらでも作って置けば良かったのだが、気が回らなかったのだから仕方が無い、と言う事にしておいて欲しい、この辺りが主人公補正無しのパンピーと言う事なのだろう。
 軟質の方は油層の中にゴミが混じっているので、飛び散らない程度の乱暴さで攪拌する、湯に当たるとゴミは親水性なのか、鍋底へと沈んでいくので処理は簡単で良い♪
 問題は硬質タイプの方だ、中々油が抜け切らないので、今だに沈んでいる物からは、プクプクと油が溶けては浮き上がってきている。どこでこれが抜けきるのか、ある程度で諦めるのか、判断など出来るか~、っと塊になっている沈殿物に攪拌棒を突き立てると、勢い良く油が抜け出てきた。
 しかし油が抜けた穴からは、その後濁ったモノが抜け出てしまったので、短気を起こした事を後悔するハメとなった。
 薄灰色の湯になってしまったため、油が溶け出ているのかが判断しにくい、これでは諦める他無いだろう、ツクヅク仕事を増やしてしまった事が、悔やまれるのだった。
「それにしてもこの違いって何なんだろうな?」
 それは軟質の方は、水の濁りはほぼ無いと言う事だ。
 細かなゴミは仕方が無いとしても、塊から出てきたような濁りは、こちらには感じられない、別段澄んでいるとまでは言わないが、あの薄灰色をした濁りは感じられないので、脂身の質なのか部位なのかは解からないが、その差は間違いなくあるだろう。
「混ぜたらどうなるんだろう?別々での方が良いのかな?製品の出来に差が出ないと良いけどな」
 カマドから燃えカスを取り出して、放置冷却している間に、小売用と納品用の入れ物でも作るとしますかね。

「異世界生活物語」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く