異世界生活物語

花屋の息子

魔法拾得も一騒動・中

「軟膏ってのは何なんだい?」
 ルヒノラ婆さんは魔法云々を置いておけば完全なる一般人、それも南区画の住人なのでいまだクリームの情報は入ってはいないので、エドワード謹製薬である軟膏やハンドクリームの事は知りもしない。
「ウチの孫、今のエドワードと言うのだが、あやつが作り出した傷を埋めるとその傷が治る傷薬の事なんじゃ、回復魔法には酔いが付いて回るじゃろ、それが軟膏はちぃとばかり時間がかかるが酔う事無く傷の手当が出来る、御領兵団にも卸し始めたまともな品なんじゃわ、御領兵のように魔物と戦う事が多い者にしてみれば酔いで持ち場を離れずに済むと言うので、戦闘備品として即納めが決まった優れモンじゃぞ」
「さっきの小さいのがそれを作ったって言うのかい?」
「それだけじゃないと言うのか、元々は水仕事で荒れた手に塗るハンドクリームとか言うものだったんじゃ、それを作り直したのが軟膏じゃな」
 ルヒノラ婆さんの口はポカンと開いたままになってしまっていた、それもそうだ地球だろうがこちらの世界だろうが軍備品を保育園児が作りましたなんて言われても、オタクのご子息は優秀ですなと返せるのはどこぞの・・・いや、いるわけ無いよね。
「じいちゃん持って来たよ」
「これじゃ、もちろんわしらは何もしとらん、ハンドクリームとか言うのを見せられるまで、油が欲しいとか言っておったくらいじゃしな」
 そう言いながらルヒノラ婆さんに軟膏を見せていた。
「・・・それにしてもじゃ、子供を魔物が出る傍に連れて来るのは感心出来んぞ」
「前に伐採に連れて行った時にも蟻に襲われたのじゃが、泣き叫ぶ訳でもなく冷静に撤退しておった、ワシとてこの位の時に同じ事をしろと言われて出来たかどうか、それに魔力も多い、何と言っても母様のお気に入りじゃからな」
 ルヒノラ婆さんにもただの爺バカでこんな事を言っている訳ではいと伝わったのか、説教モードの顔から優しげなおばあちゃんモードへと表情が変わっていた。
「あのエリザが認めたほどとは面白い子だよ、坊、エドワードと言ったね、良いじゃろ軟化を教えてやろう、とは言ってもワシの教え方が悪いのか今まで出来るようになった者は一人もおらんが、それでも良いか?」
 断る理由はない、作業効率向上のためにも、これからのためにもかの魔法は手に入れておかなければ。
「よろしくお願いします」





「異世界生活物語」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く