異世界生活物語

花屋の息子

魔法拾得も一騒動・前

 お小言が終わったのか、おっちゃん達に担がれてルヒノラ婆さんは木材が積まれていた場所へと移動を始めてた。
 俺?もちろん着いて行きますよ、教えてもらえたら一番ですけど、そうでなくとも呪文とか聞く事が出来たら儲け物ですし、この世界に来て上位に使う事が目的の魔法が見られる、まさに千載一遇のチャンスなのですから。
「ああそれが良いね、それとそっちのヤツをやろうかね、ほらあんた達も、ちゃっちゃと枝落としちゃっとくれ」
 軟化させる木を選ぶと邪魔なのだろうかその枝を掃わせる、隣との重なりが無い木ばかりを選んでいる所を見ると、重なっていると効率が悪いのかはたまた魔法が通らないのか、もしそうなら枝払いながら全部動かすなら端からやった方が、作業効率は良さそうな気がするのは気のせいだろうか。
「ほーぃ」
 ルヒノラ婆さんが適当な木の枝を魔法使いの杖のように持ち、それを鼻から抜けるような奇声と共に切り口に打ち据えた、一瞬儀式かとも思ったが、杖を打ちつけらられた木はその形状は保っているが、プリンのように重力に負け体を地面にべたりと預けてしまった。
 お次の木でも同じように一声の下に枝を打ち付けているだけ、これはルヒノラ婆さんが原理とか理屈を説明出来ない人だと、真似が出来ない失われた魔法化しそうな匂いがする。
 そしてそのルヒノラ婆さんがは、2本目でお疲れのため息をつき始める、自然発生レベルの魔法使いと言うか、生活でちょろっと魔法が使えるレベルの人の魔力なんておしなべてこの程度のモノなんだけど、本当にいつ見てもショボさしか感じられない。
 某RPGの酒場で紹介して貰える魔法使いのおじいちゃんが、初級の火魔法しかつかえないのもこれを見ていれば納得がいくと言うものだ、あれとてこの世界ならかなり強力な魔法と言える。
 ギャルっぽい女性の方は実はアンチエイジングの方にばかり力を注いだ、本当は80歳とかなら画質の問題で小皺が見えなかったと笑えるのに。
 そんな事を考えながら見ていると、切り分けに入るようで、魔法がかかった木に斧を打ち下ろす。
 するとどうだろう、先ほどあれだけ固い思いをしていた木が、面白いようにザクザク切れていく、流石にプリンのようとはいかないが、少なくとも野菜を刻むレベルでは切れているのだ。
 これは是非とも理屈を教えてもらわねば。
 そう思いルヒノラ婆さんに駆け寄った。
「おばあちゃん、僕この魔法覚えたいです」
 ギョッとされてしまった。
「誰だいいくら柵の中って言っても、こんな小さな子をつれてくるのわ~」
「ウチの孫じゃよ」
 俺が駆け寄ったのでも見えたのか、じいちゃんがそこに居た。
「クライン、いくらお前や息子が強かろうと、その歳の孫がその強さな訳は無いじゃろ、こんな小さな子を連れて来よって、危ないとは思わんのか~」
「ウチの孫をそん所そこらの子と一緒にして欲しくは無いのぅ、それにこの伐採にしても言い出したのはウチの孫じゃしな」
「何を言っとるんじゃ」
「エド軟膏は持っとるか?」
「向こうに置いてあるから持って来る?」
 祖父のうなずきに、取りに走った。

「異世界生活物語」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く