異世界生活物語

花屋の息子

料理音痴は怖い

 ここ数日ウェインと顔を合わせていない、今日もまだ顔を見ていないのだが、早々に例の話だけでもしておきたい、今日も参加しているはずなので概要説明だけでもしておきたい。
 昼の休憩が近づくと門内が賑やかになった、今回は乾燥隊として奥様方も来ているので、炊き出し形式の昼食となるからだ、包丁を振るう音にオートミールを煮るグツグツとした音、そこに何と言っても三人寄ればと言う女性が、20人くらいもいるのだから賑やかな昼食の準備だ。
 女性陣は家事があるから、この昼食の準備からの参加となっていた、最初はもう少し遅い時間を考えていたが、自分達のためだけに働かせる後ろめたさなのか、昨日のうちから準備を進めて、今日もいつもより全員早起きして家事をこなした様で、通常の昼の時間には食事が出来る運びになりそうだ。
 その中にはウェインと同じで、嫁入り目前の娘たちもちらほら混ざっていて、年配者の熱の入った指導がなされていた。ちなみにその年配者とはウチの祖母だったりするのは、当然と言えば当然なのかもしれないが。もっと言えば指導は娘達だけじゃないみたいだ。
「そんなに細かく切るんじゃないよ、それはもっと火を弱めて焦げ付いちまうよ、そこやる事が無いなら鍋でも洗っておきな、カイバクはもっと水を入れて炊くんだ貸してみな」
 ウチの料理・・・イヤこの世界の質素な食事が、飽食の記憶があっても美味しく感じられるのは、ウチの祖母の細やかな気配りのお陰だと言う事に、他人の家を見ると気付かされる。
 何となく当たり前になってきているが、明らかにウチの祖母や母の動きや火の調節といった所が、その他の人に比べると繊細だった、と言っても母の場合は祖母の影響による物が大きい気がするんだけど。
 前世でもちょっとの火加減や塩加減だったりで、大きく味が変わるなんて事は料理番組とかで見てた訳だし、そのあたりの繊細さはどっちの世界でも重要だったって事だな。
「将来俺や弟の嫁になる人がとんでもな料理音痴な人だったらどうしよう」
「ガキがいっちょ前に色気づいてんな、そんな心配は10年早えよ」
 質素でまずい料理を出す未来の嫁さんの妄想に恐れおののいた俺に、怪我をした兵士がツッコミを入れてくれた。
「もしかしてオジサン、その口?」
「料理ってのは味じゃねえぇ、愛が入ってるかどうかよぉ」
 いやいや語尾が下がったらダメですから、この世界の男は料理なんて全くしないから、多少なら不味かろうが出されたら黙って食うが当たり前になって、イギリス人もビックリなほど食事に頓着しないんだよな、それでも語尾が下がるのは、この人の奥さんが結構な料理音痴な人だからだろう。
 って言っても、他の人はいざ知らず、俺は料理の一つや二つ作れるんだから、災厄俺が作っても良いんだけどね。

「異世界生活物語」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く