異世界生活物語

花屋の息子

伐採の朝

 やっとココまで辿り着いた、長くは無かったけど大変だった、そう今日は待ちに待った伐採の日なのだ。
 準備は万全、護衛も知っている限り最強、もはや焼き物を焼く煙の香りまでして来そうだ、・・・なんて言っていると失敗フラグにしか聞こえないのは、前世の思考が残っているせいだろう。
 今日の伐採には祖父に父、マリオネル隊長が率いる護衛兵団が付くのだから、父いわく、北区の森にでも入れそうな戦力はある、との事だ。
 さらには、父と同じように半農半兵の一領具足みたいな同じ東区内に住む、おっちゃん達も奥方様に文字通り尻を叩かれて参加している。
 前回のような弱兵団モドキとは戦力が桁ではなく段で違う、さらには俺も奥の手を用意してある。
 今回伐採に入る場所は、東の草原と南区画の森が始まるその境目になる、距離の問題と採取量を考えての場所選びだったようで、前回のように南区画の森を使うとなると、住民にも影響を出してしまう事から選ばれたのが今回の場所だ。
 普段なら防護柵が設置されている場所を一部取り壊して臨時の門を設置していた、この門も伐採が終われば取り壊されて元の防護柵の戻されるらしい、新たな門を維持し続けるほどの兵もお金も無いからとの、実も蓋も無い理由なのだが、般ピーが魔物相手に無双出来る訳も無いし、領主側としてもゴーレムが働いている訳ではないのだから門を維持する兵の給料となると、その予算をつける事は頭を抱えるほどの金額になることだろう。
 他の区画は知らないが、マリオネル隊長が率いている南門に配されているのが、総勢180人それが半日交代で警備に当たっているのが南門なのだ。
 日本人の全年齢平均給与で換算したら、7億5千万円オーバーと言えば、たかが門くらいもう一つ増やせば良いじゃないかなどと言えない事がお解かり頂けるだろう。
 その門に向けて大人たちが大八車を押して歩いていく、顔ぶれは前回と同じかなと言った所だ、例に洩れず俺は参加している、ウェインと似た年の兄ちゃん達からすると、またガキが来ていると言いたげなところがあるのだろう、俺の顔を見ると逃げ出した前回を思い出すんだろうな。
「ボウズ、気持ちのワリい笑い方すんじゃねぇー、気い抜いてると死んじまうんだぞ」
 プププな心が顔に出ていたようだ、気を引き締めねば。
「ごめんなさい」
 前回と違って身体強化が使えるおれば伐採に混じる事もできるのだ、主な目的は救護班員になるのだが、本来人数に数えられないため、無茶以外なら自由に行動できるのも良い、俺からみたら恵まれた立ち位置な訳だ。
 さあ今日から伐採、頑張るぞい

「異世界生活物語」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く