異世界生活物語

花屋の息子

リスタート

 働いた夜と言うのは良く眠れるものだ、ぐっすり眠れた、今回はオネショする事も無く心地の良い目覚めを、感じる事ができホッと一息を付ける。
 例のオネショ事件はいまだに心に刺さったトゲなのだ・・・
 この日から数日間は非常に忙しかった、伐採や焼き物作りで畑に影響が出ないように、畑の手入れはいつも以上に細やかに行い、ご近所さんを誘っての川原での土採取、はたまたその土を使って菊練りモドキを教えながらの陶土作りを行い、本当はこれを確か月単位で寝かせる工程を挟まなければ成らないはずだが、今回は数日で勘弁を願おう、それが終わるとまたまた畑作業、畑が片付いたら作って置いた粘土からの素地作りまでをこなした。
 さらには回復薬たる精製獣脂軟膏を、定期的に納品する契約をも果たさなければならないのだから、目を回さな買ったこの体を褒めてあげたいものだ。
 初回の納品時に使い捨てになる事でいろいろと言われないように、配置薬システムでの販売にすると提案をした、そもそもが三日しか持たない薬なのだから、使わなかった分に関して詐欺るのも、今後の商いに妨げとなるだろうと、この提案をしたところ担当した副官さんに、「隊長が気に入るのも解かりますね、まさかそんな落とし穴があったとは」と言われて、大苦笑いをされてしまった。
 システム内容としては、残りに水を入れて軽量枡に移し変えて使用分×代金での支払いと言う事にした、流石に1ピリン単位は勘弁なので50ピリン単位にした事は、詐欺では無いだろう?多分
 こうして全ての準備作業を完了させ、ようやくリスタート地点に戻ってくる事が出来た、これがリスタート地点でしかないのが悲しい話だが、そもそも帰って来れない可能性すらあったのだから、戻れただけでも良しとしよう。
 ここまでの作業を終えて伐採まで一日の猶予を取れたのだ、俺の指揮能力って凄くない?・・・などと1人悦に浸ってみたりするのだ。
 それでも1日の余裕を取れたのはそれなりに大きい事だと思う、武器の手入れやら道具の手入れを、念入りに行えるし体力温存にも効果が大きいだろう、忘れ物チェックにもね。
 俺に限って言えばそろそろ尽きるかけてきた収魔石への、魔素補給も兼ねて魔風穴に行く事も出来た、騒動前はそこまで薄くなる前に補給していたので感じる事も無かったのだが、ここの所は間隔が開いたせいか感じる魔素もかなり薄れていたので、時間を取りたいなと思っていたのだ。
 魔風穴では体いっぱい石いっぱいに魔素を取り入れることが出来、俗に言うお肌ぷるんぷるんなエフェクトで伐採に望む事ができる。
 明日からの伐採頑張るぞ~。

「異世界生活物語」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く