異世界生活物語

花屋の息子

1

 出来上がったものに香草の粉末を混ぜ込んで、ようやくプレゼン用のクリームが完成した、太陽はもうすぐ真上と言う所まで来ていた。
「出来上がって良かった~」
 昼食後に出かけるのに、まだ出来ていないなんて言ったら、俺の読みの甘さになっちゃうからな。
 本当はゆっくりと昼食を取りたかったが、流石に向こうの話し合いが読めなかったので、祖父を急かせて南の詰め所へと向かった。
「心配せんでも、あやつは話の解らん者ではない、お前の作ったクリームの良さは解ってくれる」
 緊張が顔に出ていたか祖父はそう励ましてくれた、確かにクリームの出来自体は自分で言うのもなんだが悪くは無いと思う、大怪我以外であれば有効性が高い事、回復魔法でのデメリットを軽減できる事、この二つは命に直結する、こんな魔物相手の消耗戦と言っても良い世界であれば、命が無事にある事がなにより重要で、兵士一人の命と言っても軽んずる事が出来ない、蟻の一穴なる言葉があるが、まさにその通りだと思う。
 詰め所は前回来た時と変わりは無い、二週間も経っていないのだから変わりようが無いのかもしれないが、万が一が無いと言い切れない世界なのだから、このタイプの安心の仕方は間違っていないと思う。
「若いの、マリオネルはおるかの?」
「今巡回に出ておられますが、まもなく戻ってくるでしょう、中に入ってお待ち下さい」
「ここでかまわんよ」
 摘め所の前に置かれた丸太椅子に腰掛けようとした祖父に対して、警備兵が若干あわてた。
「北の壁をこのようなところで待たせるなど、私が隊長に叱責されてしまいます」
「そうか、ではそうせてもらうとするかの」
 ギンッとじいちゃんの眼光が鋭くなったような気がする、確か前来た時も聞いたが、ここの人は皆北の壁ってじいちゃんの事呼ぶんだよな。
「おじさん、何でここの人はみんなじいちゃんを北の壁って呼ぶの?」
 まだ二十台半ばくらいの人を、おじさんとためらいなく呼べる辺り、大分この世界に染まってきたと思う。
「い、いやそれは」
「エドも中に入って来なさい」
 うん、間違いなくこれは、じいちゃんの黒歴史確定、前もそうだったけどどんだけ知られたくないんだよ。

「異世界生活物語」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く