異世界生活物語

花屋の息子

ジョーカーが手札から離れる1

「パパ達にはママから話してよね、いっぱい木切って来て貰わなくちゃいけないでしょ」
「そうね~一回に使うのがあんなに多いと、2~3日は切りに行って貰わなくちゃダメね」
 そうなのだ、普通に生活するタメの薪の量からしたら、焼き物を作る量はとてつもなく多い、農家の軽トラと運送屋の大型トラックの違いと同じく、個人で使う量は高々知れていると言う事だ、これも前回の完全な失敗が原因であるのだが。
 前回と同じ量で次回成功させさえすれば、その量は前の伐採で採取した70パーセントほどあれば大丈夫だろう、母達が言っているのは後数回は失敗する前提の量だ、それでも確実に成功させられるかは、流石に自信が持てない、何せ陶土の性質が違いすぎるのだから。
 その昔に焼き物がすたれて、使われなくなった理由が今になって思えば何となく解る、地球風に言えばクマとイノシシがウヨウヨしている山に、猟友会の護衛無しで木を切りに行けと言われている様なものだ、それらがいつ襲って来ても、可笑しくない状況で大量の木を切り、それを消費する焼き物より火を使うものは金属使わないものは木製と、分けてしまった方が安全だし効率的だ。
 その昔は今人の勢力下になっているこの場所も、その昔は森に中や精々柵の外側で、その時は勢力拡大に伐採を行っていたのだろう、当然薪にもされず燃やされる木も大量にあったはずで、人間領がある程度確保されて、今度は拡大路線から内政重視の政策に、方向転換されたのだとしたら、切られる量は生活するに不自由しない程度それ以上は、森に侵食されないように新芽を潰すくらいしかされない、そんな中焼き物を復活させるのは、結構無謀な事だ。
 丁度入ってきた父に聞かれていたようで、その顔からは本気か?っと言いたげなのが、モノの見事に顔に出ていた。
「おいおい、いくらなんでもそれは」
「次で成功ならこの前の時と同じ量で良いんだけど、後何回かやるなら・・・多分いると思うよ」
 聞かれていたなら誰が話しても同じだ、状況を把握している方が話した方が、分かりやすいだろう。
「お前のお陰で畑には余裕が出来たと言っても、3日もとなると皆の疲労の方が気になる、魔物を警戒しながらの伐採はお前も行ったから解るだろう、いつ襲われるかといった不安の中でやっているのだ」
「・・・パパ、このクリームは少しの傷になら良く効くんだ、作り方を教えたら柵の人たちを貸してもらえないかな?」
 軟膏の製法と引き換えに、領主の兵隊を出して貰えば、警備や戦闘はそっちに任せて、こちらは伐採に集中出来るといった、ウィンウィンの関係に持ち込めないかと言う、開明的な領主にかける腹積もりだ。

「異世界生活物語」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く